読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルフロッグ

Unityのアプリの開発をしながらいろいろと忘れないための備忘録でございます。

Video Player

Unity5.6bからVideo Playerが追加されましたね。

f:id:karaagedigital:20170207122135p:plain

ファイル形式はmp4を使用しています。
mp4のファイルをProjectにドラッグアンドドロップで追加して下さい。

f:id:karaagedigital:20170207123332p:plain

追加したファイルをそのままHierarchyにドラッグアンドドロップで追加します。
追加したらそのままUnityを再生させるとこんな感じに

f:id:karaagedigital:20170207122303g:plain

ただ、そのまま再生すると音声が流れなかったのですが、InspectorのAudio Output ModeをDirectからAudioSourceに変更して

f:id:karaagedigital:20170207122552p:plain

AudioSourceをAdd Componentで追加します。

f:id:karaagedigital:20170207122703p:plain

追加したAudioSourceをアタッチしてから再生すると

f:id:karaagedigital:20170207122746p:plain

音声が再生されます。

Renderer Textureを使ったりすると3Dオブジェクトにそのまま動画を流し込めたりするのでいろんな使い方が出来そうですね。

Movide Textureと比べると圧倒的に軽いという事なので、今後使用されることも多くなりそうです。

※QuiqTimeが必要かも

広告を非表示にする